2012/12/10

Fear Of Men - Early Fragments


今年2枚のシングルを発表しているFear Of Menですが、来年の2月、過去の7インチ3枚の全曲+自主制作カセットからの音源1曲+未発表曲をコンパイルした“Early Fragments”という12インチをkanine recordsからリリースするようです。この12インチは、レーベルもNYだし本格的なUSデビューEPということみたいなので、これまでのおさらい的な内容になっております。1枚で彼らの音源が総ざらいできそうな感じで、それはそれでありがたい作りだと思いますが。ファンというか、コレクター的な心理としてはなんとも言えない感じですね…。唯一持ってない自主制作カセット"Alice Munro Demos"の曲も1曲入ってるし、未発表曲もあるし、まぁ買ってしまうんですけどねきっと。



しかし、どうせ入れるならばその自主制作カセットからはBeat Happeningの"Indian Summer"のカバーにして欲しかったなあ…と思ったり。オリジナルはもちろん知ってるけど、彼らがカバーしたのはどんな感じなんだろう…。未聴な上に手に入らないとなると尚更ものすごーく気になります。




誰かカセット持ってたら聴かせて欲しい…。

リリース後にはUSツアーやSXSWへの出演も予定されてるみたいです。

2012/12/08

Daniel Avery

今まで未チェックだったのですがDaniel Averyがアシッド・ハウスの現代版みたいな感じでとても良いです。
音源は最新のWater Jump EPしか聴いてないのですが、非常にドープでアシッドなトラックが揃っています。



2曲目と4曲目はケミカル・ブラザーズかよ!って思うようなメロディーラインもあるんだけど、ただのパクリではなく自分の曲になっています。
ちなみにMixed by Erol Alkan & Daniel Averyです。
Erol Alkan正直そんなに好きじゃないんですが、このEPではいい仕事してると思います。

ジャケットもアシーッドな感じで良いですね。

2012/12/05

Prins Thomas 2

ノルウェーのNu Discoなトラックメイカー/DJのPrins ThomasのアルバムPrins Thomas 2が素晴らしく良いです。
Todd Terjeほどポップではなく、Lindstrømほどメロディアスではないけど、ジワジワ来る系のトラックが詰まったアルバムです。

ジャケもジワジワ来るけど。

3曲目のBobleteknoって曲がお勧めです。


で、一つ一つのトラックも良いのですが、LP買うとダウンロード出来るアルバムの曲を50分以上に渡ってMixしたものがこれまた素晴らしいのです。
てかCDだとそのMixのみが収録されてるみたい。

LP買うと一枚で2度美味しい感じになっているので、レコードプレイヤーを持っている人はLPを買うといいと思います。

2012/12/04

James Yuill Presents: The New Chapter


James Yuillが数日前からFacebookページでカウントダウンをやっていて、何の告知かなーと思ったらPledgemusicを活用したアルバムリリースに関するお知らせだったようです。Pledgemusicって、確かミュージシャンがレコーディング費用とかを捻出する目的でファンに投資を募るサイトじゃなかったっけかなーと思うんですが。割といろんな人達が利用してたように記憶してます(Emmy The Greatとか、あとCastも!)。用意されてる"Pledge"の中には、各種グッズに始まって、1時間のDJセットやAbletonの2時間レッスンなんていうのもあったりして。面白い試みだと思います。早くも制限数に達した項目もあるようなので気になる方はぜひ。さて、どれを注文しようかな。しかしこのビデオ…



そういえば、Polyphonic SpreeなんかもKickstarterで制作費やツアー費用なんかを募ったりしていて(こちらはもう達成してますね)、そういった"Pledge"を通してのファンとの繋がり方っていうのがこの先も広がってくのかなーと思ったり。でも、この方法って実績ある人達じゃないと成り立たないような…。誰しもが使える方法ってわけでもなさそうだし。なかなか難しいところですね。

2012/11/29

Young Fidelity 019 Tracks and Videos

2012年最後のYoung Fidelityにお越し頂いた皆さまありがとうございます。
今年のYoung Fidelityの中で一番楽しかったんじゃないかと思ってます。

とりあえずトラックリストを。
一回目は日本のアーティスト>インディーロックな流れでした。

18:00-18:30
小島ケイタニーラブ / しごとのうた
七尾旅人 / サーカスナイト (Seaside Magic of L&B)
the coffee group / 光のエスプレッソ | the Light Source
ESNO / Incense
New House / Cold Water (Remixed by Chanson Sigeru)
Tame Impala / Be Above It
Django Django / Hail Bop
Ane Brun / Do You Remember
First Aid Kit / King of the World
Bright Eyes / At The Bottom of Everything

First Aid KitのKing of the Worldはコナー・オバーストがゲストで参加してる曲なのでコナー・オバースト曲を連続でかけたことになりますね。
ちなみに一緒にやってるライブがYoutubeに上がってますがやっぱコナーくんの声いいなあ。

First Aid Kit with Bright Eyes - King Of The World

で、2回目はDeep HouseやTeck HouseやDisco的な感じで回しました。

20:00-20:30
Load of the Isles / Years of the City
John Tejada / Orbiter (Original)
Prins Thomas / Bobletekno
Andreas Gehm / From Space 3 Suns
Lindstrøm / Ra-Ako-St (Todd Terje edit)
Behling & Simpson / Tape Hiss
Fellipe Venegas / Oru Mila
Hot Chip / How Do You Do? (Todd Terje Remix)

Andreas Gehmの多角的なパーカッションの使い方が好みです。
2曲目がFrom Space 3 Suns。


Back to Backでかけた曲
OST & KJEX / Bluebird
Todd Terje / Inspector Norse

Todd Terjeばかりかけてすいません。

Post War Years / The Bell
Of Monster And Men / Little Talk

Of Monster And Men来年一月来日ですね、もうチケット確保しました。
Of Monster And Menはこのブログでも2度ほど紹介したので今回はPost War Yearsの曲を貼っておきます。
Post War YearsはEverything Everythingなんかが好きな人が好きそうなUKインディーですね。
今年の2月にロンドンでライブ見ましたがカッコ良かったです。

あと、最後の最後に七尾旅人のサーカスナイトをもう一度かけたのですがやはり名曲ですね。


ピエロ♪

2012/11/26

Young Fidelity #019 Playlist


土曜日、今年最後のYoung Fidelityに遊びにきていただいた皆さま、どうもありがとうございましたー! 今回もワイワイ楽しくできたかなーと思いますがどうだったでしょうか。11月で年内最後っていうのもなんだか早い気がしますが。まぁ隔月開催ということで。今年も1年本当にありがとうございました。来年は1月26日に開催予定です。よかったらまたよろしくお願いしまーす!

そして残りの一ヶ月はblogに力を入れていきたいなと。2012ベストなどもそろそろ選定に入ろうかなーと思っております。何事も早めに…

それでは今回のプレイリストです。


19:00 - 19:30 1st Set
Beach House / Myth
Part Time / Visions Of The Future
Fear Of Men / Mosaic
The Proper Ornaments / Who Thought
Moon King / Only Child
Unknown Mortal Orchestra / Swim & Sleep (Like A Shark)
Wild Nothing / Chain Won't Break
Friends / Stay Dreaming
Young Dreams / Fog Of War

Young Dreamsは来年スパークしちゃうんでしょうねきっと。




21:00 - 21:30 2nd Set
Empress Of / Champagne
Jai Paul / Jasmine (Demo)
Tropics / Celebrate (12" edit)
Jessie Ware / Not To Love
Porcelain Raft / Unless You Speak From Your Heart
Jason Grier & Nite Jewel / Nothing Nothing
Blood Orange / Dinner
Solange / Losing You

Empress Of最高です。後半のギターの音たまらん。



Dev Hynesとの邂逅によるSolangeさんの「時は来た!」感。



B2Bは…なにかけたかな…
Stealing SheepのRemixとかTeamsとか…Doldrumsとか?だったような…気がする。うーん、自信がない。酔っ払った時のプレイリストのつけ方が来年の課題かな…

2012/11/17

just ONE week left to Young Fidelity 019

あと一週間で今年最後のYoung Fidelityです。
今回はゲスト無し。レギュラーの4人でやります。
是非遊びに来て下さい。



Young Fidelity 019
24th November 2012 (Sat)
@ONE (Koenji)
18:00-23:00
Entrance Free (First drink:1,000yen)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

先週は日曜日に新宿のタワレコで小島ケイタニーラブのライブを観てきました。
小島ケイタニーラブのアルバムはリリースされてからかなりの頻度で聴いていて、今年のアルバムベスト3には入る勢いで好きです。

インストアはユーフォニアム奏者の権藤知彦と数曲やってました。


曲はこんな感じです。



んで、インストアが終わった後にタワレコでいろいろ視聴してたら気になったCDがあって、その日買わなかったんだけど後日やっぱり買いに行ったのがコレ。


Kenichiro Nishiharaっていうジャズ畑の人のエレクトロニカに重点を置いたプロジェクトらしいのですが、なかなかツボな内容でした。
ジブリの音楽を思われるようなノスタルジックな旋律を持ったInsenseっていう曲が好みです。

…って書いてYoutubeでその曲を貼ろうと思ったんですが、見当たらなかったので違う曲を。
この曲はジャズの要素が強く出てる曲でドラムがえらいかっこいいです。


そんな感じで最近はなんだかやたら和ものづいてます。

あ、和ものと言えば七尾旅人のサーカスナイトの12"に入ってる、向井秀徳がアコースティックでカバーしたサーカスナイトが思いのほか良かったですね。

2012/11/11

Andre Solomko - I Recall

今日はじめてストーブをつけました。この石油の匂いがくさいけど、
冬~って感じがして好きです。
革のブーツもお手入れをして冬支度が着々と進んでます。
なので勝手に秋冬っぽいと思っている曲をペタペタ張り付けますね♪










あと最近キリンジの康行が脱退する事を知り、めちゃめちゃショックを受けました。。。
あとライブ何回見れるかな。。。わたしの青春。。。
12月のライブは行ってきます!




次回Young Fidelityも二週間後に迫ってまいりました~!11/24です!
ぜひお越しくださいー!!!


2012/11/04

七尾旅人/Tame Impala

昨日早稲田の学祭で多分10年ぶりに七尾旅人を観てきたのですが、期待以上に良いライブでした。
相変わらずMCは皮肉一杯で、早稲田の学祭なのに一曲目終わった時のMCが「スーパーフリー」で吹いたけど、昔より明るくなった気がするなあ、と思いました。
前回のYoung Fidelityでもかけたけど、七尾旅人の新譜は凄く良い。

サーカスナイトは12"カットされるようなので買うしか無いでしょう。
年明けの渋公も行こうと思います。


---

Tame Impalaの新譜が最高です。
前のアルバムはスルーしてたのですが、ラジオで新譜の先行シングルのElephantがかかってて、Django Djangoみたいじゃない!と思い購入に至りました。


Elephantはガレージ色強めですが、他の曲はサイケデリアの中にもポップネスがあって、The Sleepy Jacksonを連想したのですが、そういやどちらもオーストラリアということを思い出して一人納得した次第です。


こういうバンド大好きです。
来日したら絶対観に行くので誰か来日させて下さい。

2012/10/28

Electrical Balloons

ここ最近フォークとか日本のバンドばっかり聴いてましたが、久しぶりに4つ打ちな気分になったのでMixを録ってみました。



良かったら、聴いてください。

トラックリストはこんな感じです。

00:00 - Lord of the Isles / Years of the City
04:06 - John Tejada / Orbiter
07:30 - Behling & Simpson / Tape Hiss
12:20 - Lindstrøm / Rà-àkõ-st (Todd Terje Extended Edit)
15:29 - Ost & Kjex / Bluebird
21:17 - The Rapture / I Need Your Love
24:25 - Felipe Venegas / Oru Mila
29:30 - Hot Chip / How Do You Do? (Todd Terje Remix)
34:31 - Róisín Murphy / Simulation (Mano Le Touch Remix)

たまに、Mix録るのも楽しいもんですね。

あと、ついでに告知しとくと次回のYoung Fidelityは11/24です。
今回はゲストなし、レギュラーの4人でやります。
是非遊びに来て!

2012/10/15

Ducktails - The Flower Lane


Real Estateのギタリスト、Matthew Mondanileのサイド・プロジェクト、Ducktailsの新曲"The Flower Lane"がSoundcloudで公開されています。



またまた音が洗練されている気がする…。Real Estateもそうだけど、作品発表する毎に洗練されていく感じがします。前作は割とラフな感じの音作りだったように記憶してるんだけど、今回の曲はもともとのポップさがより際立ってる感じがします。アルバムに関わってるメンバーも、Ford & Lopatinの両名にBig Troubles、CultsのMadeline Follinとめちゃくちゃ豪華な顔ぶれ。アルバムがものすごく楽しみです。

新しいアルバムはDominoから、来年の1月29日に発売予定。

2012/10/09

Tracey Thorn - Tinsel and Lights

Tracey Thornが今月末にクリスマス・ナンバーのカバー+新曲2曲をコンパイルしたクリスマス・アルバムをリリースするようです。ただ今リードトラック'In the Cold, Cold Night'がレーベルのSoundcloudで絶賛公開中。



Tracey Thornにクリスマス・アルバムのイメージはなかったので(マリン的なアレのせいで)、出来には結構期待してたります。そしてよく見るとゲストプレーヤーの中にGreen Gartside先生の名前が! これは聴かねばなるまい…。あと、Ben Wattも当然のように参加してます。もうEBTGやりなよ…。

Buzzin' Flyのサイトで特装盤のプレオーダーも受け付けてるみたいですね。うーん、どうしよう…。DELUXE VINYL GIFT SETって響きには惹かれるけど、クリスマス・アルバムだし時期終わったらどこにしまえば…的な扱いになるんじゃないかという余計な心配という名の皮算用をしてみたり。どうしようかなー。

2012/09/27

Young Fidelity #018 Playlist

遅くなりましたが土曜日のYoung Fidelityにきてくださった皆様、ありがとうございましたー! ゲストのYUPPAちゃんもどうもありがとう! 久しぶりのゲスト回でしたがめちゃくちゃ楽しかったです。

前回はプレイリストあげそこなっちゃったんで、今回こそは!と載せてみます。

18:30-19:00 1st Set

Wild Nothing / Shadow
Field Mouse / You Guys Are Gonna Wake Up My Mom
Keel Her / With Me Tonight
Veronica Falls / Killing Time
Tashaki Miyaki / Best Friend
Parakeet / Paper, Scissors, Stone
Fanzine / Roman Holiday
Pavement / Gold Sounds
Big Troubles / Make It Worse

なんだかこういうセット自体久々な気がしてちょっと新鮮でした。




20:30-21:00 2nd Set

Tropics / On The Move
Keep Shelly In Athens / Song To Cheer You Up
Jessie Ware / Still Love Me
Nite Jewel / Autograph
Erlend Øye / A While Ago And Recently (with Kilogram)
Chairlift / Take It Out On Me
Taken By Trees / Dreams
Teams / Love Distance
Toro Y Moi / Low Shoulder

Chairliftは例のアレじゃなくってこっちをかけました。いいわあ。



次回は11月24日、今年最後のYoung Fidelityです。1年あっという間だなあ。よかったら遊びに来てください。よろしくお願いしまーす!

2012/09/24

Tracklist & Videos of Young Fidelity 018

土曜日にYoung Fidelityに来て下さった皆さま、ありがとうございました。
久々に楽しくて飲み過ぎました。

最近アップしてなかったけどたまには、ちゃんとセットリストをアップしてみます。
今回は予告通り、インディーロック多めでした。

set1
Djuma Soundsystem / Come Together
River on Slime / Slime on De-Fence
Jon Hopkins / Wire
Tycho / Dive
NZCA/LINES / Compass Points (Seams Remix)
King Creosote / Rims
Vetiver / Can't You Tell
Edward Shapes And Magnetic Zeros / Man On Fire

King Creosoteの曲名思い出せなくてググってたら出てきんたけどなんだこの写真w


あと、チャーリーにバンド名聞かれたEdward Shapes And Magnetic Zerosはホントかっこいいので皆さん聴いて欲しいです。
歌詞も好き。


あと、誰も気づかなかったことを祈るけどRiver on SlimeはBPM間違えてたので、あわてて次の曲に繋ぎました。

set2
ECID / Woolf
Django Django / Skies Over Cairo
alt-J / Breezeblocks
Conor Oberst And The Mystic Valley Band / One Of My Kind
Of Monsters And Men / Little Talk
Delifinger / Escapes
Kid Canaveral / Left and Right
Elizabeth & the Catapult / Race You
Arcade Fire / Power Out
七尾旅人 / サーカスナイト

これも曲名忘れててググったら出てきたので。
いい曲だよね。


あと、かける予告してたOf Monsters And Menはアルバム冒頭のDirty PawsがiPhone5のコマーシャルビデオにインストバージョンで使われてたので、そちらを。
オフィシャルじゃないファン作成のビデオみたいですが、良く出来てます。


あと最後のB2Bでかけたの。
Hot Chip / Night & Day
Polaris / 光る音

そんな感じでした。

次回のYoung Fidelityは11/24にゲスト無しでやります。
今から楽しみだ。

2012/09/21

Young Fidelity 018

日付変わって明日はYoung Fidelityです!



Young Fidelity 018
22th September 2012 (Sat)
@ONE (Koenji)
18:00-23:00
Entrance Free (First drink:1,000yen)

DJ:

OSG
OZAWAGENTARO-Z (Cult Club)
Tsubasa
Morrie (ACCOMMO)


Guest DJ:
YUPPA (HNC)


久しぶりにゲストを迎えてお送りするYoung Fidelity。YuppaちゃんのDJものすごくたのしみにしてます。天気が心配ですが、いつも通り楽しくやれたらいいなと思っておりますです。良かったら遊びにきてください!お待ちしてまーす!

2012/09/18

My Tiger My Timing - Celeste


またしても間隔が空いてしまいました…。最近あまり新譜のチェックなんかもできずに結構悶々としてるわけですが。今日久々に音楽系サイト巡ってたらMy Tiger My Timingの名前があってびっくり。EP以降はあんまし追っかけてなかったので、活動続けてることも知らなかったなー好きだったのにちゃんとフォローしてなくってすみません…。記事見たら7月にDLオンリーでリリースしたアルバムのことが載ってて二度びっくり。出してたのか…。1stまでにエライ時間かかったなあ。前作のEPって3年ぐらい前だったような気がする。

以前と同じニューレイヴ的な感じだとちょっと聴くのツライなーとか思って躊躇ったんだけど、聴いてみたら割とカッコよくってグッときちゃったっていう。いいじゃないのこれ。ちゃんと進化しててナウい音になってました。どうしてこのクオリティーでフィジカルリリースないのか不思議なくらい。もったいないな。レーベルは彼ら自身がやってるSnakes & Laddersってとこみたい。できたら何かしら盤をリリースしてもらえると嬉しいなあ。待ってますよ割と本気で。



カッコいいな。こっちの曲も好き。



http://www.mytigermytiming.com

2012/09/11

Kidsuke

StatelessのターンテーブリストのKidkanevilと今年のSonarにも出てたDaisuke TanabeのコラボユニットKidsuke。
もともと日本好きなKidkanevil(Twitterのアイコンはケロロ軍曹)が日本人とコラボということでどういう音になるか楽しみにしていたのですが、ついにアルバムが完成してサンプラーがSoundcloudにて公開されていました。



あんまり、期待しないで聴いたのですがとてもよい感じのFuture Bassです。
Kidkanevilは元々がHip Hop DJでビート強めなトラックを作っていたのですが、最近はだんだんとPost Dubstepな方向に進んできたところで、今回Daisuke Tanabeとコラボしてよりメロウな方向に向かった印象。 11月にリリースされるアルバムがとても楽しみです。

-----

話題は変わりまして来週9/22の土曜日はYoung Fidelityです。
ってYoung Fidelityのブログで「Young Fidelityです」って書くのもなんか変な感じがするけど…

気がつけばDJと呼ばれるようなことを10年ぐらいやってるわけですが、最近イベントをやる目的というか、イベントでやりたいことが昔とは変わったなー、と思っております。
前は誰もかけないような曲をかけて、あんまり知られてないけどこんないい曲があるんだぜー、ってことをやろうとしていたのですが、今は来てくれてる人たちが楽しんでくれて自分が楽しめればいいなあ、と心の底から思っているのです。

そして、昔のことを思い出してちょっと汚染値、じゃないおセンチな気分になっているので、昔を思い出して今回はIndie Rockな選曲をメインでやろうかなあ、なんて思ってます。

これとかかけたい。



このOf Monsters And Menはアイスランドの6人組。
Arcade Fireに北欧らしいポップなメロディーを乗せたような音でとても良いです。
寒いところに住んでる人はメロディー作るのうまいよなー、と思います。

デビューアルバム「My Head Is An Animal」に収録されています。


と、話が飛びましたがYoung Fidelity、来ていただけると嬉しいです。

2012/08/31

Kinski #4



第一回以来ですがまたお呼ばれしちゃいましたKInski。Judyちゃん、ありがとうございます。今回も面白そうなメンバーなので楽しみにしています。楽しみにするだけじゃなく俺も頑張ります。よかったら遊びにきてくださいー。


Kinski
#4

2012/9/1(Sat)
18:00-23:00
at ONE Koenji
http://one-koenji.com/

Charge:1,000(w/1D)

DJ:
コジマヒロユキ(Ci)

OSG(Young Fidelity)

Takazumi Hosaka(Hard To Explain)

yuma

&

Judy



日本語バージョンいいよね。

2012/08/29

Freelance Whales - Locked Out



Freelance Whalesの、2年ぶりのリリースとなる2ndアルバム"Diluvia"からのリードトラック、Locked Outがオフィシャルサイトで公開されております。相変わらず素晴らしいクオリティに、新しいアルバムへの期待も高まるなーという感じ。オフィシャルサイトではプレオーダーも受け付けてますね。サイン入りポスター、欲しいな…。Soundcloudだと、もう一曲Spitting Imageという曲も公開されてますね。





今ナマで観てみたいバンド心のベストテン第一位かもしれない。ほんと、なんで来日しないんですかね。と、あのバスキングの映像を見るたびに羨ましく思う。アルバムは10月9日発売予定です。早く欲しい。


http://preorder.freelancewhales.com

2012/08/19

De-Fence

気付いたら一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
えらい放ったらかしにしてしまい申し訳ありません。

さて今日はスコットランドのフォークっぽい音を中心にリリースする小さなインディーレーベルFence Records、のサブレーベルでエレクトロな音をリリースしているDe-Fenceについて語ろうと思います。

もともと母体のFence Recordsもメインストリームとはあまり縁がない、癖があるアーティストが在籍しているレーベルなのですが、このDe-Fenceは更に自由な感じ。
10 x 10というスプリット10インチを10枚リリースするシリーズをやってて、これがかなり面白いのです。

10 x 10は現在09までリリースされていて、最新の09ではA面にSteXis、AA面にJonnie Commonというアーティストを収録。
SteXisはSteve MasonがAlexis Gilesという人とやっているプロジェクトで曲名通りアシッドなダンストラック。
AA面のJonnie CommonはJamie Tを思わせるようなゆるいラップっぽい曲でこれもまた面白い。


さらに一つ前の08はA面はしっとりなフォークで、AA面は変調しまくりな変態ブレイクビーツでどこをターゲットにしているのか全くもって謎な感じですw
まあ、どっちも好きですけどw

また、最初の01ではFence所属のKing Creosoteが変名でトリップポップ的なトラックをバックに歌っていてこちらもなかなか聴き応えがあります。

ちなみに10インチはFence Recordsのサイトで購入可能となっております。
って書くとなんか回し者っぽいけど、面白いレーベルなので気になる方は是非!

2012/07/11

Taken By Trees - Dreams


Victoria Bergsmanのソロ・プロジェクト、Taken By Treesのニューアルバムが10月にリリースになるみたいですが、そのリードトラック"Dreams"が公開されています。


2012/06/28

Edward Sharpe & The Magnetic Zeros

Stone Roses見たさにフジの金曜日のチケット取ったけど全然準備してないのが私です。
蒸し暑いから出来ることなら行きたくないんだけどね。

えーっと、最近気になった音を幾つかご紹介したいと思います。

まずはこれ。


CAのOjai(オーハイって読むらしい)の大所帯バンド、Edward Sharpe & The Magnetic Zerosの楽曲のRemixでArcade Fireをもっとフォーク寄りにした感じ。
派手ではないけど段々ときらびやかになっていくリミックスが良いです。
ちなみにこのRemixはフリー・ダウンロードです。


で、その原曲のビデオがこちらなんですが、楽曲同様シンプルだけどとても美しいビデオになっているので是非見て頂きたいです。




あとは、Four Tetの新しいのがとても好きな感じでした。
Textレーベルから出すFour Tetの音源はハズレがないけど、今回はその中でも特筆の出来かと思います。



そういえば次回のYoung Fidelityは早くも7/14なのです
いつもどおり第4週に開催するとフジロックと被っちゃうからね。
是非遊びに来てね。

2012/06/20

off the PITCH vol.12

最近ブログ更新をサボりまくりですいません…

今週末土曜日に自分がYoung Fidelityに参加する以前から、レギュラーでやっている4つ打ちなパーティーoff the PITCHを開催します。
最近Post DubstepやらIndie Hip Hopやらをかけることはあっても、ガッツリ4つに打つのは久しぶりなのでちょっと楽しみにしてます。
なのでそういう音が好きな人は是非来て頂けたらと思うのです。

4つ打ちモードなので最近はこんなレコードを買いました。  

どんな人なのか全然知らないんだけどYoutubeの説明にはJoy Orbison, Ramadanmanの名前があるからPost Dubstepの流れなのかな。
アフリカンなビートに繰り返される「opportunism:日和見主義」という言葉がなんともシニカルな感じで好きです。

あとはコレ。


ジャケもカッコイイし、10インチクリアヴィニールっていうなんともレコード好きの心をくすぐるアイテムなのです。
ジャケのイメージ通りのディープなハウスで、エフェクターをいろいろいじってると楽しくなってきます。

おっと、イベントの詳細を忘れるところでした。




■off the PITCH Vol.12
■2012/06/23(土) 16:00-21:00
 http://oftp.exblog.jp/
 場所:@渋谷soft 渋谷区渋谷3-1-9 B1F 03-5467-5817
 http://www.soft- tokyo.com/
 料金:1500JPY/1drink
 Genre:House,Electro
 DJ:yo-hey(fcIbiza)/Tsubasa(young fidelity)
 MSD(themountaindrive)/Mitsuru(La Fiesta!!)

■タイムテーブル
 16:00-18:00 B2B
 18:00-19:00 MSD
 19:00-19:40 Mitsuru
 19:40-20:20 Tsubasa
 20:20-21:00 yo-hey
 21:00-21:30 B2B

21:30までと時間が早いのでお早めにお越しいただければ幸いです。
あ、あと毎回聞かれるんですがこのイベントのyo-heyくんはThreepee BoysのYO!HEY!!くんではありませんので、悪しからずご了承下さい。

あと、Hostess Club Weekenderの日曜日のチケットが売り切れてて微妙にショックなので、だれか余ってないですかね?

2012/06/14

BASS/BEAT MUSIC BOOK RELEASE PARTY



今週日曜夕方の非常に楽しそうな集いに、Young Fidelityチームから僕とゲンちゃんが参加します! 皆様お誘い合わせの上是非!


2011年にはレディオヘッドがリミックス盤を発表するなど、ロック勢とも結びついて盛り上がるダブステップ、LAビート・ミュージック、エレクトロニカ、チルウェイヴ。
そうしたシーンをまとめた初のディスク・ガイド本[CROSSBEAT Presents BASS/BEAT MUSIC BOOK]。
この本の発刊を記念し今回青山蜂にてリリースパーティーが開催決定! ゲストDJにはDJ KenseiとのプロジェクトCoffee & Cigarettes Bandとしても活躍するsagaraxx、LIVEには YAGI&ILLSUGIを迎え、日本のベース/ビートミュージックシーンで活躍するDJ&LIVE陣満載でお送りします。


BASS/BEAT MUSIC BOOK RELEASE PARTY
2012.06.17(sun)
17:00-23:00
青山蜂 Aoyama HACHI

door:¥2000/1d w/f:¥1500/1d

【2F hiphop floor】
BEN
OOH DEE (SUPER FREAK)
クラモチタロウ(Steady / Hallelujah Traveler)
sonoco
杉山 仁 (CROSSBEAT)

【3F dubstep/electronica floor】
Guest DJ : sagaraxx(Coffee&Cigarettes Band)
Guest LIVE : YAGI & ILL SUGI
Lasphere a.k.a. Dj Shunya(Sukima Productions)
DJナイアガラ(Synthesmic)
夢(Mess UP)
OZAWAGENTARO-Z(Young Fidelity)
ry01 (GOOD ON THE DANCEFLOOR)

【4F chillwave&indie floor】
Yuta Sekiyama(ACCOMMO/fetm!)
OSG(Young Fidelity)
nab(Mess UP)
Hosaka (Hard To Explain)
aoyama (WONDERKIND)

and more...


2月末に刊行されたBASS/BEAT MUSIC BOOK。普段遊びに行ったり、または自分たちが主催するパーティーでかけたりして、よく耳にするようなジャンルの音楽を体系別にまとめたディスクガイドになっています。こういう身近な出版物に、自分の友人・知人が携わってるって考えると、、面白いなーと思ったり。普段体系立てて聴いたりしていない分、こういう形で情報を整理してもらえると非常にありがたいなーと思うのです。とかblog書いてる身で言ってしまうのはどうかって話もありますが…
ジャンル別の各フロア共すごく楽しそうなメンバーで、個人的にも今から楽しみだったりしています。天気は生憎っぽい予報ですが、楽しいリリースパーティーになるといいなと思っています。よかったら是非遊びにきてくださいー。

2012/06/09

"Less and More" and more...

こんばんは。もしくはこんにちは。
金髪の社会不適合者です。

前回YFからさっぱり更新が滞っております。おおう…



閑話休題。

実はZは、本ブログで開催しているイベント以外にも幾つかのイベントに参加しています。
そんなレギュラーを勤めるうちのひとつ、Less and Moreが日曜に開催です。

Less and More

10.JUNE.2012
at Koenji ONE (twitter: @ONEkoenji)
Open & Start 18pm.
Charge ¥1000(1d)

Guest DJ:
YOU FORGOT(PHONO・GRAPH)

LaMs:
Foujita
OzawaGentaroZ (Young Fidelity)
http://soundcloud.com/gentaroz-1
Yoshihiko (Accommodation)
The Wednesday (Harmonic Savage)
http://soundcloud.com/yuka-the-wednesday
※Fuuuは都合によりお休みになります。

Genre:
Tech House,Disco,Chillwave

http://www.facebook.com/events/243794582389359/

本ブログ「young Fidelity」に比べて、ややdisco、4/4よりな選曲のパーティーです。
今回はguest DJに新宿の老舗「音」の第一土曜日を彩る「PHONO・GRAPH」のDJ、YOU FORGOT氏をお迎えして送ります。
心地よいハウスが期待できるのではないでしょうか?

その一方でレギュラーの面々がどのような選曲で臨むのかも、楽しみではあるのです。
実は自分はnu-discoとかindie dance、chillwaveとか全然知らないので、それらに対する興味や知識欲、知らないいい音をある程度しっかり摂取できるのがこのパーティーだったりするのです。

そんな日曜にあたってぼんやり選曲考えていたりしますが、とりあえずこれは外せないかと。
元ネタやリミキサーを差し置いても、本年のベストディスク入り必至な一曲です。



フルレングスでかけたいくらいに好きです。



それから今月は、ありがたいことにDJをする機会が多いのです。
告知は近々になったら改めてしようと思いますが、触りとしてURLを。

http://www.aoyama-hachi.net/schedule/?m=201206#20120617a

http://whitelilyrecords.tumblr.com/post/23931265019/6-29-teams-vs-cult-club

いずれもよろしくお願いします


2012/05/28

Young Fidelity #016 Playlist

土曜日のYoung Fidelityに遊びにきていただいた皆さま、どうもありがとうございましたー! 初めて来てくださった方もいたりして、非常にありがたいです。楽しんでもらえていればいいなーと思いながら色々かけたりしておりますので、もしよかったら次回も遊びにきてください。

ということでその色々の詳細をば。

19:00-19:30 1st Set
Night Works / I Tried So Hard (Extended Mix)
Metronomy / A Thing For Me (Breakbot Remix)
Taken By Trees / The Sweetness Of Air France
Heavenly Beat / Suday
Mafia Lights / Spiriting
JJ / Beautiful Life
Ben Browning / I Can't Stay
Scenic / Another Sky


普段は生音系を最初にかけるんだけど、今回はいつもと逆にしてみました。しかしNight Worksカッコイイ。




21:00-21:30 2nd Set
Believers / In The Water
Big Troubles / Misery
Julie Peel / Divine Hammer
Novella / Eat Yourself
Field Mouse / You Guys Are Gonna Wake Up My Mom
Beach Fossils / Shallow
Violens / Totally True
Veronica Falls / My Heart Beats
Crocodiles / Sunday (Psychic Conversation #9)


Field Mouse。マギラワシイ名前だけど、ここ最近のバンドの中では一番好きです。


次回Young Fidelityは、7月14日(土)、ちょっと変則日程での開催です。次回やる頃はもう夏ですね…。夏っぽい選曲でお送りするとかしないとか…よかったら次回もよろしくおねがいしますー!

2012/05/24

ADDICT

もうすぐなのですが、今週土曜日はYoung Fidelityです。

Young Fidelity 016

26th May 2012 (Sat)
@ONE (Koenji)
18:00-23:00
Entrance Free (First drink:1,000yen)

Young Fidelity DJs:
OSG
OZAWAGENTARO-Z (Cult Club)
Tsubasa
Morrie (ACCOMMO)


高円寺ONEで隔月開催を始めてから、そろそろ2年ほど経ちます。
その間にいろんな人と知り合って、いろんな音楽を聴いて、いろんなところで酩酊して…と、とくにこのタイミングでそういうことを振り返る必要はないのですが、なんだかすこしそういう思いに耽って…。

…というか、前回から結構な時間があったはずなのに、告知や宣伝なんも出来てなくて焦り気味です。
なので土曜日、お時間ございましたら遊びに来てくれると嬉しいです。



ということで最近購入したレコードを耳に入れることに余念がないです。
仕事中にYouTubeでなのでが…。

最近の新譜だと、先日のOUTLOOK fesのDOMMUNE特番でもDJを披露していたLEF!!! CREW!!!のトラックメイカー、MAYAKU氏のEPがすこぶる良いです。

DJ MAYAKU (LEF!!! CREW!!!) / ADDICT


レビュー的なことを思いつきで書くとボロが出そうなので控えますが、昨今続々と現れるカテゴライズし難い辺境ビート/辺境ダンスミュージックのトラックと並べても全く遜色のない曲です。上にリンクを貼ったリードトラック以外も味わい深い、良EPです。

ヴァイナルリリースを密かに熱望しております。



最近ずっとドラムンベースばかりを家で聴いていたのですが、上記EPを聴いて、また自分の流行りのBPMが少し下がり気味です。

Montgomery Clunk - Green Tower


近しい音だと、最近買ったこの辺りとかが気持ちいい具合です。

Sonnymoon - Wild Rumpus


少しビートのゆるいエレクトロニカ/ダウンテンポライクなものも沁みます。
SonnymoonはPVも独特で良いですね。

2012/05/21

Ruby Lee

こんばんは。

先週の深夜、渋谷の某所へ遊びに行った際、夕方から飲んでいたことやテキーラの連投がたたって、スタンディングで嘔吐してしまいまして…。
みっともないやらびっくりするやらで、結構この数日はどんよりしていました。

金環日食でしたね。みなさん見たのでしょうか?
自分はまったくそれについて把握しておらず、寝ていました。

なにか人としてなにかが欠落しているような気がします。

こんばんは。



先日買ったレコードについてのあれこれです。

Deep Houseのコーナーを漁っていたら、メロウなベースラインがグっとくる12インチを見つけまして。何やらジャケットも奇妙な写真で。





少し調べると、Fritz Kalkbrennerというトラックメイカー/シンガーのアルバムからカットされたEPのようで…なるほど歌もいい感じに込み上げる良トラックです。
淡々としつつもひっそりじわじわと熱の出てくる、後半に馴染むように組込まれるハンドクラップも、控えめなところがまた好みです。

…う〜ん、これイイなあ……と思ってしばらくしていたら、今度はA-1収録の"Ruby Lee"が7インチでもカットされていリリースがありました。
この辺りのジャンルで7インチとは珍しいと思い、また、Versionも12インチとは違うようなので購入してみました。


最初に軽く聴いたときは、ああ何か歌メインのショートVer.なのかな…と思って聴き比べると、メロウなベースや歌はそのままに、根幹たるキックや裏で打たれるハイハットは鳴りを潜め、替わりに8/8で刻まれるハイハットにパーカッションがいい感じに響く仕上がりになっています。
おお、意外と違うなあ…





そういえば7インチのmixが、"74Version"という名称だったのですが、74とは何だ…と思って調べてみたら、この曲自体がFritz Kalkbrennerによるリメイク(カバー?)だったようで、原曲はBill Withersのものだということをさっき知りました(Bill Withersについてはもちろん書けるような知識はございません)。



この曲の収録されているアルバムのリリースが、どうやら'74年らしく、それにあやかっての"74version"なのかな…と憶測しています。



単体でそれぞれを聴いていると、些細なアレンジの違いなどで、いろいろと変わるんだなあ…ジャンルとかも違うし…音楽って面白いなあ…と、子供みたいな感想しか出ないのですが、それがまた何か楽しいです。点と点が繋がってひとり合点がいく…みたいなのが…。



ところで今週末はyoung fidelityなのです。
どうしようまだ休暇の申請出してない……焦ります。

2012/05/15

Fear Of Men / Witch Gardens



以前このblogでも紹介したUKのバンド、Fear Of Menの新譜"Green Sea"が来月半ばにリリースになるようです。レーベルはSexbeat






なんか前作の"Ritual Confession"ですっかりあか抜けてしまった気がしますが今回も安定感というか余裕すら感じるこのクオリティ。そして相変わらずよくわからないセンスのジャケット…。早くアルバムが聴いてみたいなあというか、この手のシングルちょこちょこリリースみたいなパターンは、アルバム引っ張り過ぎて盛大にコケるっていうのが最早様式美みたいな感じになっているのでできるだけ早く世に出して欲しいなあというのが一リスナーとしての切なる願いです。なんとなく。


あと最近のだとシアトルのWitch Gardensが非常に良いと思います。Sixteen Tambourinesから出てたTan Dollarとのスプリットの時は正直そこまでピンときてなかったけど今の耳ならそれが分かる! "R-I-P"という7インチですが最高です。




去年の11月ぐらいに出てる7インチも欲しいなあ。集めたい感じになってきました。ビデオも素敵です。




http://witchgardens.bandcamp.com/

2012/05/06

Dancing in the shallow shadow

録ったの先週なんですが、一発録りでMix録りました。

若干アルコール入った状態で録ったので良い感じにライブ感出てると思います(繋ぎがミスってるのをライブ感という便利な言葉で…)
良かったら聴いてみたって下さいー。


ついでに最近BBCで聴いて気に入った曲を一つ。


なんでもフランス初のDomino所属のアーティストらしいのですが、King Creosoteを擁するDominoらしいメロディックでフォーキーなバンドでとても好みな感じです。

あとアルバムのジャケのナルシストな感じがなんとなくPatrik Wolfっぽいですw


さて久しぶりの更新になってしまいましたが、次回Young Fidelityは今月の26日と開催まであと20日です。
高円寺でお会いしましょう。

2012/04/20

Record Store Day 2012



もうすぐ日付も変わりますが、明けて4月21日(土)はRecord Store Dayですね。日本でもだいぶ定着してきた感じがします。非常にいい試みだなあと思うし、いつも利用させてもらっているお店でも、催しや特典があるみたいで、今から楽しみにしています。所謂RSD限定盤も、目玉らしい目玉アイテムがないのは、少しは一般化してきたからなのかなあ。もっともっとこういう試みがきちんとした形で普及するといいなと思っています。


実際に「音源を手に入れる」ということが目的なら、AmazonだったりDL販売だったり、もしくは海外直で通販したりとか、安く手に入れる方法はいくらでもあるし、ネットがここまで生活に浸透しているなかでレコード屋に行く必要ってそれほどないのかな…とかも考えたりするんですけどね。一時期は僕も通販ばっかりで実店舗にはほとんど行かない(行けない)ような感じだったし。

それでも今また通うようになって思うのは、その店に行けば新しいレコードやアーティストの情報なんかが集まってくるっていう期待感みたいなものを感じられたり、聴いたことのない新しい音楽に出会って盤を手に取った時の高まる感じを味わえたりっていう、まぁあんまりうまくは言えないけど、そういう部分が自分にとっては重要なのかなあ、と。そこにいけば何かがある的な、店やバイヤーの方への信頼っていうか。そして、そこでレコードを買うのは、そういう姿勢に共感して、少しでも貢献したいっていう、そんな気持ちからなんじゃないかと思います。1リスナーの個人的な意見ですが。

まぁ単にレコードが好きで、その店に行くと楽しいから、っていうのをまどろっこしく言ってるだけな気もしますけど。

改めてそんなことを思いながらRSDについて考えてみました。
明日はいろんなレコード屋を回りたいな。

2012/04/10

Weekend Invitation

ここ数日でいきなり春めいてきましたね!
寒いのも厚着も飽き飽きしていたところのこの春感たるや…。
花粉症の方々には辛い季節かとは思いますが、過ごしやすい気候に浮き足立ちます。

さて、天気予報を見ると、週末土曜日は生憎の雨模様で…。
前回のツバサくんのエントリにもあった渋谷HOMEでのイベントの後、
gentaroZは深夜に下北沢MOREでのCULT CLUBでDJをします。



▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

All Animals

4/14 Shibuya HOME

advance / door 1900yen / 2400yen (include 1drink)
start 18:00 - 21:30

ツバサ企画による、herajikaアルバムリリースおめでとうパーティー。
herajikaのメンバーに縁があるバンド、DJを集めてわいわいやります。
ドレスコードはAnimals。別にドレスコードを守る必要はありませんが、
Animalsな格好できたらきっと楽しいと思うので
是非動物的な何かを身につけて、もしくは動物になりきって
お越しいただくことを推奨いたします。
ではhomeにてお待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Live:
herajika
New House

DJ:
Tsubasa (Young Fidelity)
WSZ80 (LEF!!!)
Isao (Plug)
Judy (Kinski)

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△







▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

/// CULT CLUB Vol.7 ///

2012. 4/14 (sat)
@Shimokitazawa MORE
open&start 23:00 -
1000yen with 1drink
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

- CULT CLUB DJs -
HNC
Gikyo Nakamura (The Pegassus)
YO!HEY!!(Threepee Boys
Tetsuya Suzuki(Top Gun
Ozawa Gentaro-Z (Young Fidelity)
&
Cuz Me Pain DJ’s(YYOKKE/ODA/NITES/TSKKA)

http://whitelilyrecords.tumblr.com/

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△


どちら共、精一杯良い空気を作るために尽力しておりますので、
全力でお待ちしております!







そうそう、上記white lilyレーベルのtumblrに、CULT CLUB用にちょっとしたレビューを寄稿しております。
大分よそいきな文体になっており、些か恥ずかしいですが、良かったらご一読ください。



上記のテキストは「新譜のLP縛り」というものがありまして。
普段ほとんどLPを購入しないもので、非常に穏やかな音のチョイスになっております。
(しかもその少し前のPOSTでYUPPAちゃんもピックしているという…)

して最近ほかになんのレコードを購入したかな…と思い返したら
なぜか音色のキレイ目なドラムンベースを数枚購入してました。

このぐらいの静けさとメロウさなら、じぶんもドラムンベースかけられるかな…。

Sabre, Stray & Halogenix Feat Frank Carter III - Oblique - OFFICIAL VIDEO


Calibre & High Contrast - Mr Majestic HD


Dynamic & Command Strange - Lost in You




あと最近、やっとJUKEが気になってきています。
Planet Muがそっちにガッとシフトした時に、どうして乗っかれなかったのかが悔やまれます……。

DJ Spinn - U Don't Need

2012/04/09

Mike Skinner is back / All Animals / Pascal Pinon

ななななんと、元The StreetsのMike SkinnerがやってたレーベルThe Beatsが5年ぶりに復活!
新曲がリリースされてますよー!

Elro feat The D.O.T. - Bad News




ElroにMike SkinnerとThe MusicのRobのユニットThe D.O.T.をフューチャーした曲!
このあま~いメロディーラインにGrage直系でちょっとDubstepの要素を加えたバックトラック!
最高すぎて言うことがありません。

The Beatsを復活させたってことはMike Skinner周辺の動きが騒がしくなりそうで楽しみ!



んで、楽しみなことがもう一つ。

今週末14日はいよいよAll Animalsです。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

All Animals

4/14 Shibuya HOME

advance / door 1900yen / 2400yen (include 1drink)
start 18:00 - 21:30

ツバサ企画による、herajikaアルバムリリースおめでとうパーティー。herajikaのメンバーに縁があるバンド、DJを集めてわいわいやります。
ドレスコードはAnimals。別にドレスコードを守る必要はありませんが、Animalsな格好できたらきっと楽しいと思うので是非動物的な何かを身につけて、もしくは動物になりきってお越しいただくことを推奨いたします。ではhomeにてお待ちしております。

Live:herajika
New House

DJ:
Tsubasa (Young Fidelity)
WSZ80 (LEF!!!)
Isao (Plug)
Judy (Kinski)

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

New Houseもherajikaも最近ライブ観たけどどっちも良かったので、きっととてもいいイベントになること間違いないと思います。
音が悪いのは携帯で撮影したからご愛嬌だけど、動画貼っときます。

先ずはNew House。先月末O-NESTでRazikaの前座でやったときの映像です。


続いてherajika。2日前に溝の口の12bunchでやった映像です。
アルバムに比べると大分走ってるけどライブ感あっていいと思いますw


当日はみんなが楽しんでくれるような、いい雰囲気が作れたらいいな~と思っております。
是非遊びに来てくださいませ!

---

おまけ

先日来日したアイスランドの双子の姉妹Pascal Pinonのライブ映像。


こちらもいい雰囲気のライブでした。

2012/04/05

4.08 Less and More

こんばんは。

桜が一斉に咲いておりますね。
そんな勢いからか、今週末は恐らくお花見のピークを迎えるにあたり、これを読んでいる皆様も、そのようなスケジュールを立てているのでしょうか。

暖かくなってきたとはいえ、夕刻過ぎて陽が沈むと一気に冷え込みむかと思います。
ということで昼間のお花見後、空気の冷えてくる頃からこんなイベントをやっていますので、よかったら足を運んでいただけるとすごく嬉しいです。






Less and More

atONEkoenji
2012.04.08 sun.
OPEN & START 18PM.
¥1000(1d)
_______________________________________

Guest DJ:
Iwata (West Side Boys)
http://wbstokyo.blogspot.com/

LaMs:
FOUJITA
Fuuu
OzawagentaroZ (Young Fidelity)
Yoshihiko (Accommo)
The Wednesday (Harmonic Savage)

Food:
hoo
_______________________________________


Facebook:
http://www.facebook.com/pages/Less-and-More/294751937223393
ONE:
http://one-koenji.com/



ご存知の方も多いと思いますが、過去数回に渡り「ドラッグストアの閉店セールか!?」という案配で、最終回と打ったり名称を変えたりしてきた本イベント、やっと体勢を整えて心機一転(?)での開催です。
そういった不安定な態勢故の低い定着率には、我々自身が身につまされております……。申し訳ありません。

しかし実際のイベント自体は、各人かなりストイックにプレイしております。
また、ゲストDJにお呼びしたiwataさんも、我々皆がリスペクトする素敵なDJです。今回お迎えして一緒にできるのを、一同楽しみにしているのだ…!

…と、DJに関してはわりとモチベーション高く毎回プレイしておりますので、みなさまのお越しをほんとにほんとにお待ちしております!!!





暖かくなってきたので、ちょっと気は早いけどこのあたりをかけたいなあ…





2012/03/30

31 Mar 2012 Burning Ship Fractal

こんばんは。

遅くなりましたが、先日のYoungFidelityありがとうございました。
天候や皆様の来場に恵まれ(個人的には友人数人がちょっと遠方から遊びに来てくれたのが嬉しかったです)、全体的にいい雰囲気を醸せた気がします。

毎度のことですがgentaroZはトラックリストを全く喪失しております。
ここに関しては「雰囲気重視」ということでご容赦ください…。



さて、今週末の土曜ですがこちらでDJを致します。


『Burning Ship Fractal #4』
2012/03/31(Sat)
Shibuya,Home
Open,Start/24:00-
Adv\1500/Door\2000
【LIVE】
YETII
HNC
NEW HOUSE
【DJ】
DJ WILDPARTY
GEEP
GENTARO Z
U-HEY!

infomation(HOME shibuya)
http://www.toos.co.jp/home/



ここ数年の、めまぐるしいまでのライブツアーや、その一方での綿密なレコーディング、リズム隊であるSEIYA/MOROの"MOYASHI"名義でのDJユニットや、前述のベースマンMOROの"LEF!!!CREW!!!"としてのDJ活動、その合間を縫ってのアニメ鑑賞など…おそらくこれまでの多忙な活動の集大成かと思われるアルバム「Burning Ship Fractal」、そのリリース直後であるバンド、NEW HOUSEのパーティーにお誘いいただきました。

NEW HOUSEについては、彼らのブログとインタビューをご一読ください。
(ブログでは音源も聴けます)

http://newwwhouse.blogspot.com

http://ototoy.jp/feature/index.php/2012031700

アルバム直後の実質的リリースパーティーは、そのアクトも賑やかです。

ライブはNEW HOUSEは勿論、BETA PANAMA氏とウエハラシュウタ氏のユニットYETII、昨年末のLove And Hatesの活動が目だった、そういえばバンドセットのライブって何年ぶり!?なHNCの3組。
DJには、彼らの同郷、横浜の先輩である、自分も初体験なGEEP氏に、本パーティーのレジデントでもあり、モデル業もこなすU-Yey!、NEW HOUSEのアルバムリリースと奇しくも同日に、秋葉原の名店"MOGRA"の名を冠したMIXをリリースしたDJ WILDPARTY氏…

と、なにやら賑やか一夜になりそうです。
自分の時間に空気が意気消沈しないように…と考えると、ほんとに何をかけようか、久しぶりに本気で逡巡しております。

是非、遊びにお越しください!

こんなのとかかけたいです。


PVすげえかわいい!!!


今期やってたアニメのED曲ですが、原曲超えのREMIXだと思います…


お待ちしてます!

2012/03/29

Young Fidelity to All Animals

ツバサです。
先週のYoung Fidelityフロアの空気が凄い良くてやってて凄い楽しかったです。来てくれた一人ひとりに感謝です。
自分楽しすぎて久しぶりに帰り際に…まあ、それはいいや。

トラックリスト起こそうかと思ったんですけど、レコードしまっちゃって取り出すのが面倒だしいつもトラックリスト上げてるんじゃ芸がないかなー、と思いますので今回は回したレコードの中から思い入れのあるものをピックアップして紹介したいと思います。

一回目のセットではHip Hopなどを回してみたんですが、その中で回したのがコレ。



久しぶりに回したけどやっぱいいですね。来月のSonarで来日するのが楽しみです。


で、二回目のセットからはコレ。

New House - He Howl


とりあえずJet Setのページで視聴できるので聴いてみて。
そして、気に入ったら買うといい。


でもってライブに来たらいい。


というわけで告知のターン、New Houseさらにherajikaを迎えてイベントをやります。

herajikaも4/4にアルバムを出すのでそれを勝手にお祝いしちゃおうという会です。

ちなみにherajikaはこんなバンドです。


良かったらいらしてよね!

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

All Animals

4/14 Shibuya HOME

advance / door 1900yen / 2400yen (include 1drink)
start 18:00 - 21:30

ツバサ企画による、herajikaアルバムリリースおめでとうパーティー。herajikaのメンバーに縁があるバンド、DJを集めてわいわいやります。
ドレスコードはAnimals。別にドレスコードを守る必要はありませんが、Animalsな格好できたらきっと楽しいと思うので是非動物的な何かを身につけて、もしくは動物になりきってお越しいただくことを推奨いたします。ではhomeにてお待ちしております。

Live:herajika
New House

DJ:
Tsubasa (Young Fidelity)
WSZ80 (LEF!!!)
Isao (Plug)
Judy (Kinski)

2012/03/27

Young Fidelity #015 Playlist

遅くなりましたが、先週土曜のYoung Fidelityに遊びにきていただいた皆さま、どうもありがとうございました! 4人体制になって初の開催でしたが、なかなか良い雰囲気でできたのではないかと。なんだか手前味噌な感じでこそばゆくてアレですが、ああいう雰囲気をこれからも作っていければいいなと思います。レギュラー一同がんばります。と勝手に代弁したところで今回のプレイリストなど。

18:30-19:00 1st Set
High Highs / Open Season
Dunes / Vertical Walk
The Isles / Eve Of The Battle
Summer Twins / Stars Aligned
Atlas Sound / Springtime Instrumental
The Proper Ornaments / Who Thought
Night Manager / All Mine
Blouse / Videotapes
The Radio Dept. / The Video Dept.

Night Managerのこの曲ほんとにいいなあ。



20:30-21:00 2nd Set
Nzca/Lines / Nazca
Nite Jewel / Autograph
Phoenix / Holdin' On Together
Tropics / Going Back
Granit / Multiversos
Ladyhawke / Black White & Blue
Porcelain Raft / Put Me To Sleep
Kindness / Swingin Party


KindnessのLP最高です。盤は高いけど。

B2Bで何かけたかは忘れました…。
割と前後半通しておとなしい感じのセットだった気がします。気がしますって自分でかけといてなんなんですけど。

さて、次回は5月末開催予定です。よかったらまた遊びに来てください。ぜひにー。

2012/03/20

"Tepid Overall"

もう一ヶ月くらい前の話なのですが、MIXを録りました。



This MIX was produced in only 7inch.
"Tepid Overall" 
Track List
01. J to the C / NoNo(YesYes RMX prod. by Luigi) 

02. Miles Bonny / Fela 

03. Visioneers / The World Is Yours 

04. Hopestacle / Equivoque 
05. Pseudo Slang & Trucker Stroe / Cool Letter Man 

06. Liquid Crystal Project / A Tribute To De La 

07. Hackney Colliery Band / House Arrest

08. Ye Mighty / Optimist vs Realist

09. Dead Capo / Caraza 

10. The Nightcaps / Love You More 

11. BLU / Gurlfriend(Original) 

12. Sonoio / Scientist(original Mix) 

13. Jesse Ruins / In Icarus


タイトルの"Tepid Overall"は大体自分のDJをするときのイメージです。

今回のMIXは、全トラック7インチのみで作りました。
フォーマットとして一番好きなのですが、あまりそういうコンセプトで、ちょっとジャンルが雑多で緩めなMIX…余りないなあと、個人的には思います。
かなり後半は強引な流れですが、ラストにJESSE RUINSを入れたのがミソです。笑

全体的に緩めなBPMですので、ちょっと時間にゆとりのある時や、通学や出勤、遊びに行く前なんかのタイミングが合致しているような気がします。
実際自分も通勤時に聴くことが多いのです。
是非聴いてみてください。
DLもして欲しいです。



そして今週末は本ブログの本編です。

やっぱり隔月だと久しぶりな気がします。
そして今回からレギュラーDJがひとり増えます。
いままでの3人にはないタイプの選曲やDJなので、いままでよりもバリエーションに富んだ形になる気がします。
あとやっぱり、女子がひとり居ると華やぐなあ〜……

お待ちしています。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

Young Fidelity 015
24 (Sat),Mar. 2012
@ONE (Koenji)
18:00-23:00
Entrance Free (First drink:1,000yen)

Young Fidelity DJs:
OSG
OZAWAGENTARO-Z (Cult Club)
Tsubasa
Morrie (ACCOMMO)

2012/03/17

ロンドンに行ってました

ブログ書くのが久しぶりになってしまいました、ツバサです。
行ったと言ってももう3週間ほど前の話ですが。
メインの目的はフットボールだったのですが、クラブ行ったりライブ行ったりもしてきました。
向こうはやっぱりアーバンな感じのダブステップが流行ってる感じがしましたねー。

ということで見に行ったライブをご紹介。

2012/2/27
B Dolan @ KOKO


B Dolan battle with Scroobius Pip


この日はScroobius Pipがメインアクトで前座として出演していたのがこのB Dolan。
友達が言うには去年のBestivalで小さいテントでSpoken wordをやってて面白かった、ということで楽しみに見に行ったのですが、この日はちゃんとしたハコということもあってかSpoken wordは一曲のみで終始Indie Hip Hopな感じでした。
こういうライブ普段あんまり見に行かないけどとても好きです。

Scroobius Pip @ KOKO




メインアクトのScroobius Pip。
Scroobius Pipはdan le sac vs Scroobius Pipとして何年か活動してたけど、最近出したソロアルバムではプロデューサーに色々なアーティストを起用してて、ライブではドラムとギターを加えてちょっとミクスチャーっぽい感じだった。
下の曲は大好きな元Beta BandのSteve Masonが作曲した曲だったりします。

と、まあこんなライブを見た影響で最近はIndie Hip Hop熱が10年ぶりぐらいに高まってます。
でもあの頃買ったIndie Hip Hop関連のレコードを結構売っちゃってて、ちょっと後悔してたり…
ちなみにScroobius PipもB DolanもアメリカでStrange Famousというレーベルに所属してて、そこには元Anticonの面々が多数所属してたりでなかなか興味深い感じです。

http://www.strangefamousrecords.com/

あと、Strange Famous所属ではないみたいだけどこのECIDってアーティスト、プロデュースから全てDIYでやっているらしいのですが、かなりイイです。




とIndie Hip Hopに話がそれましたが見に行ったライブの話に戻ります。

Post War Years @ Camp Basement


はい、Indie Rockです。
とても好みな感じの音だったんですけど、音源がUKのiTunesストアでしか売ってなくてちょっとアレな手を使わないと買えないのが残念な感じです。
それがめんどくさくて結局買ってないです。
BeatportとかBandcampで売ってくれればいいのに…

また、Video貼りつけまくりで長くなってしまいましたが、もう一つ大事な話が!

来週の土曜日はYoung Fidelityです!

レギュラーDJにmorrieを加えて4人体制になります。
とっても楽しみにしているので来てくれると嬉しいです。
多分上記で紹介したようなIndie Hip Hopを回すかと思われます。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

Young Fidelity 015
24 (Sat),Mar. 2012
@ONE (Koenji)
18:00-23:00
Entrance Free (First drink:1,000yen)

Young Fidelity DJs:
OSG
OZAWAGENTARO-Z (Cult Club)
Tsubasa
Morrie (ACCOMMO)

2012/03/13

Burning Hearts - Extinctions

ちょっと更新が滞ってしまいました。悪いクセが…。まぁ滞ってる間も音楽はボチボチ聴いてはいたのですが。そんな中で、Cats on FireのドラマーHenry Ojalaがやっている別プロジェクトの男女デュオ、Burning Heartsの、先月末に出た2ndアルバムが非常に素晴らしかったので挙げておこうとます。



アンニュイでメロディックなシンセポップ、そして女子ボーカル。なんですかこの完璧さ。この曲も入った先行のEPは去年の6月にリリースされていたんですがノーチェックでした…。Sheleflife自体最近全くといっていい程チェックしていなかったので乗り遅れた感が悔しい…。これを期にしっかりカタログチェックしようと思います。いやしかし素晴らしい。

レーベルのカタログページで"Into The Wilderness"がDLできます。だいぶ前からできるようになってるので今更ですが一応。

http://burningheartsmusic.com/
http://shelflife.com/


最近、Black Twigとかもちょっと引っかかってるし、Finlandモノが自分の中でちょっときてる感じがします。

2012/02/23

Lapalux - When You'Re Gone Ep

Flying LotusのBrainfeederレーベルからリリースされた"Lapalux"のEP。
レーベルのカラーを反映した音色に加え、ジャケットのアートワークも素晴らしいです。







Lapalux - Moments (Feat. PY)


最初に発見した時にHIPHOPのコーナーで見つけたんですけど、カテゴリ分けとしては「Underground Hiphop」と看做されておりました。
そちらのジャンルへの素養がほとんどないので、すごく違和感があります。
アングラってどこか悪そうだったりするイメージありますから、そういうものを指す印象があるので…。
とはいえ、HIPHOPだとそういう所謂ギャングスタ的なものとかがメジャーでオーバーグラウンドなんですよね。それの対義語としてのアングラなのでしょうか?



「indieっぽい音色や雰囲気の漂うそれ以外のジャンル」に相変わらず執心しております。

2012/02/18

party information / Kinski #1


New party

Kinski
#1

2012/2/18(Sat)
18:00-23:00
at ONE Koenji
Charge:¥1,000(w/1D)

DJ:
佐藤彰 (Last Monday)
http://house-rocker.com/

OSG (Young Fidelity)
http://youngfidelity.blogspot.com/

Marcie (Thirteen Slitch)
https://twitter.com/#!/marcieeicram
https://twitter.com/#!/Thirteen_Slitch

yuma

& Judy


ONEで新しいパーティーがはじまります。ありそうでない感じのメンバーなのでとても楽しみ。彰さんとご一緒できる機会なんてなかなかないので、緊張しております。ONEでは、Young Fidelityというイベントをやらせてもらってるんですが、そっちと選曲のテイスト一緒でも面白くないなーと思うのでちょっとした変化を付けていきたい! 基本はインディーですけども。わいわい楽しい感じでできるといいな。

明日も寒そうですが、よかったら遊びにきてください。お待ちしてまーす。

2012/02/17

Disques Mazout Records is "french skweee" ?

Mazoutというレーベルがフランスにあります。

辺境ダンスミュージックとして認知はされつつも、クセのあるビートやシンセサウンドに妙な音のスキマを感じさせる特異性からか、恐らく国内で気にかけてる人が大分少ないであろうSKWEEEというジャンルの音をリリースしているレーベルです。

一昨年くらいに最初のリリースがあってから、大分音沙汰ないなと思っていたら、なんと数枚7インチをリリースしていたようで、国内にもそれらが入荷していました。



特異とはいいつつも、本場の北欧三国のそれとはちょっと違うポップさがこれらの7インチからはにじみ出ております。
さすがフランスというべきでしょうか。



その音源もいくつか、レーベルのSoundcloudにアップされております。

Johnny Supergluというアーティストの7インチに収録されているショートVer.のサンプル。
Johnny Superglu - Warm Up Routine 7" preview


上記Previewから一曲フル。
Johnny superglu - Warm Up Routine


こちらはSilex Funkというアーティストの、本家スウェーデンはFlogsta DancehallレコードのLimoniousがREMIXしたトラック。
Silex Funk Limonious Rmx


上記オリジナル。
Silex Funk Original Mix




一晩中聴くにはちょっと食傷気味にはなりそうですが、奇妙なポップさには惹かれるものがあります。
根幹の部分にはインディペンデントなものを感じつつ、8bit的な音色やスキマは、チャーミングではないでしょうか?



とはいえ、それでもトリッキーであることには変わらないかと思いますが、これらの音がが決してニッチでアバンギャルドなだけではない曲もあります。

こちらは周辺本場の北欧で、Rigas Den Andreとしていくつかのリリースをしている、このジャンルではトップアーティストれある彼の2009年(限定200枚!)にリリースした別名義(旧名義?)の曲のようです。

Rigas - It's a Shame


SKWEEEがエレクトロ・ファンクのようなものにも通じているんだろうなと思わせる、キャッチーな歌ものです。
この曲はindieサイドで扱われても全く遜色ないのではないかな…?

2012/02/13

Live Live Live

なんか気付いたらここ2週間で5本もライブ見てましたツバサです。
でもって最近携帯で動画撮るとアップロードするのが、楽なことに気づいてガンガンアップしてました。
せっかくなのでここでまとめて紹介しようかと。

2012/02/04
herajika - ハリケーン


友達のバンドで結成当初からライブ見てるけど、やっと4月にアルバムをリリースするらしいです。
だったらリリースパーティーをしようぜってことで、4/14に渋谷HOMEでイベントすることにしました。
楽しみです。


2012/02/05
Love And Hates アルバムリリースパーティー

カジヒデキ - moving moving moving


昨シーズンのFoot!のあの曲です。
ちなみにカジヒデキはチェルシーファンらしいです。

The Suzan




現在NYを拠点に活動してる彼女達の凱旋ライブ。
演奏に安定感が出てすげー良かったです。

Love and Hates ft. Afra - Kung-Fu Ripping


Afraさん凄いし、Love and Hatesはすべてのライブが楽しかった。
この日のイベントが5本行ったライブの中では一番ピースフルな感じで楽しかったなあ。
とってつけた感じにあれですが、Love and Hatesアルバムリリースおめでとうございます。

2012/02/10
toddle


田淵ひさ子がギターを弾いてる姿ってカッコいいですよね。

miila the the geeks


新曲かっこよかった。途中のインストの曲?も良かった。
なんか観る度にかっこよくなっててずるい。

The Suzan


一週間で二度目のThe Suzan。
miike snow - animalのカヴァー。
この日は外人の客がいい意味でアホで楽しかったw

2012/02/11
videotapemusic ft. Luvraw


ビデオテープを流してライブをするという形式が凄い面白かった。
AvalanchesのPVを観てるみたいな感じ。
Luvraw & BTBからLuvrawさんを迎えてのスペシャルVerでした。
是非またライブ観てみたい、てか一緒に絡みたいなー。

New House


この日の主役。
すっごい自分が酔ってたっていうのもあるけど非常に心地良い音を鳴らしてました。
アルバムは3月にリリースらしいので、サイケデリックな音が好きな人は是非聴いてみて欲しい。
あと、ちなみに4/14のherajikaのリリースパーティーに呼びました。
皆来てね。

2012/02/12
Trophy Wife


いやー、予想以上にカッコよかったです。
フロアのお客さんちょっと少なめだったけど、凄い盛り上がってていい空間が出来上がってた。
メンバーも話しかけたらいい人達だったしまた日本に来て欲しいなあ。

Chad Vally - Up and Down


踊りながら撮ってたんでブレブレです。
つーかChad Vallyってこんな太ってたんだ、って思ったけど曲もパフォーマンスも最高でした。

よし、書ききった!気が向いたらまた次回!

2012/02/10

party infomation / 10,feb,2011

今週末は金曜と土曜の深夜、にちようの夕方と、合計3回DJをする予定があります。

どのパーティーもクセのある面白さ提供できると思っておりますので、どこかしらお時間等の都合が宜しければ、是非遊びに来てください。





まずは金曜日のThat's Lifeというパーティーです。
このイベントはどちらかと言うと、みんなでボードゲームやカードゲーム、麻雀にファミコンなど、とにかく「ゲーム」をみんなで楽しもうという日です。


麻雀、スーファミ、
トランプ、人生ゲーム etc...
レトロゲームをONEで楽しくやりましょう!!!

-----

-mahjong and retro game party-
that's life vol.3!

2012.02.10(FRI)
ONE(KOUENJI)
22:00-05:00
1500YEN(with 1drink)

DJ & PLAYER

cola(ban-be records)
SUE(YIW / Thee Boot Party)
Shink(Floor Extra/barしんく)
gentaroZ(Young Fidelity)
tattsun(Here To You!!!/barしんく)
EISUKE HOSHI (les qwells)
saori(Oh! My Brother)
チヒロキタガワ
スナサカユウヤ

FOOD

asami (coco cakes)

-----

http://www.facebook.com/events/254169534654635/


DJはいつもよりも少し音を絞りつつも、その代わりにそれぞれが通常とは違うプレイをするのではないでしょうか?

自分は今回は、マルチネレコーズさんの音源をいくつかかけたいなと思っています。
このあたりとか、特に好きです。

http://maltinerecords.cs8.biz/98.html
http://maltinerecords.cs8.biz/90.html
http://maltinerecords.cs8.biz/86.html
http://maltinerecords.cs8.biz/71.html





土曜日は、最近のLove and Hatesの躍進も目覚しいWhite Lilyレコード主催の、Cult Clubです。

CULT CLUB
2012. 2/11 (sat)
@Shimokitazawa MORE
open&start 23:00 -
1000yen with 1drink

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
- CULT CLUB DJs -
HNC
Gikyo Nakamura (The Pegassus)
YO!HEY!!(Threepee Boys)
Tetsuya Suzuki(Top Gun)
Ozawa Gentaro-Z (Young Fidelity)
&
Cuz Me Pain DJs(YYOKKE/ODA/NITES/TSKKA)

- VJ -
VIDEO DEALERS
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

info
http://www.toos.co.jp/more.html
http://www.facebook.com/events/337016712989611/


こちらのパーティーでは、世間的にあまり盛り上がりのみられなかったSKWEEEや、ブロークンというかアブストラクト(メルト?)ヒップホップというか、そういうはっきりした認知名の定まらない脱臼ビーツというか…。

そういったニッチな音を屈託なく楽しめる、ある種いちばん気負いなく、逆にいちばん気を引き締めてのDJができるので楽しみです。

こういうものとか、かけたいです。






最後の日曜、こちらは夕方デイタイムでの元Club Passione、旧Passione+、そして今回はLast Passioneです。


Last Passione+

@ONEkoenji
2012.02.12 sun.
OPEN & START 18PM.
¥1000(1d)
_______________________________________

The Bizarre DJs
Yusaku Brando (Rock Action)
OzawagentaroZ (Young Fidelity)
Yoshihiko (this is new Accommodation)
Fuuu (Idle Wild)
SARU
The Wednesday (Harmonic Savage)
_______________________________________


INFOMATION (ONE)
http://one-koenji.com/

Facebook
http://www.facebook.com/pages/Passione-Plus/294751937223393


ラストというのはあくまで名義上ですが、4月以降はどうなるのでしょうか…?

前回のDJがあまりにも音の鳴りが良く、その場で今後の参加をお願いしたthe Wednesdayことちゃんゆかを含めた、レギュラーメンバーのみでの開催です。

今回のDJは、ひとり一時間弱のセットで臨みます。
アッパーでパーティー感のあるダンストラックは少ないかも知れませんが、各々のストイックさを堪能していただければ幸いです。

この日用に久しぶりにtech houseやdeep house / minimalを聴きなおして(といっても詳しくは知りません。持っているレコードだけ)、やっぱりエレガントな四つ打ちが好きだなあ…とも再認識してみたり。




2012/02/08

Ladyhawke - Black White & Blue


Ladyhawkeの4年振りの2ndアルバム"Anxiety"からのリードトラック、Black White & BlueのVideoが公開になっています。音だけはちょっと前から聴けてたんだけど、改めてPVで観るとまたカッコイイ! 1stの頃は、その当時のModularの勢いとか、あとオージー・バンドの盛り上がりみたいなものと合わせて見られちゃってた部分もあるんじゃないかなあと思うんですが。やっぱりセンスに関しては彼女はホント頭ひとつ抜けてるというか抜群というか。ソングライティングや音作りは勿論、ビジュアルやアートワーク(前作から引き続きSarah Larnach)なんかも非常に一貫しててブレがないトコがすごくいいんですよね。今回のビジュアルコンセプトも素晴らしいもんなあ。前作もだいぶハマったクチですが、今作も、タイミング的には「今まさに!」な感じでキてると思います個人的に。来月リリース予定のアルバムがホントに楽しみ!




http://www.ladyhawkemusic.com/

1月末にはiPhoneAndroid対応のLadyhawke Appもリリースされたみたいです。要チェックや!

2012/02/03

2012/02/03 picks

フォーマットに対しては7インチ、音色的にはBPM100以下のゆるいながらビートのしっかりしたもの…というブームが、ごく個人的にきています。

そうなると、全く素養のないヒップホップなどに手を出してみたくもなって。
マッチョなそれはやっぱり苦手なのですが、ベースのトラックにジャズやファンクのようなものが見え隠れするそれらは、なかなか気持ちがよいものです。

そんな感じで以下の2枚が、最近のお気に入り。



Pseudo Slang X Trucker Stroe - Cool Letter Man







こちらは両面共に好み。

SOUND OF MUSIC / HOPESTACLE


Equivoque / Hopestacle



先日のYFでもかけてみましたが、見事にラウンジ化していました。
空気読めてないです。

2012/01/31

Young Fidelity #014 Playlist

先週土曜日、今年一発目のYoung Fidelityに遊びにきていただいた皆さま、どうもありがとうございました。ゲストのソウマさんも本当にどうもありがとうございました! ソウマさんのDJは相変わらず素晴らしくて楽しかったです。3月10日のclub heavenも楽しみ!

ということでプレイリストなどをあげてみます。
1曲どうしても思い出せなくて、すぐにUP出来なかったんですが、昨日の夜ようやっと思い出しました。


18:00-18:30 1st Set
International Feel / The Copic Sun
Keep Shelly In Athens / Campus Martius
Porcelain Raft / Put Me To Sleep
Jonti / Firework Spraying Moon
Stellar OM Source / Clarity
Gold Panda / An Iceberg Hurled Northward Through Clouds
Tiedye / Fisherman's Bend (A Mountain Of One Remix)
Laura J Martin / Spy (The Simonsound Remix)
Lucas Santtana / Super Violão Mashup

アタマの時間なので、普段自分のイベントではあまりかけないような感じのをチョイスしてみた。


このPV好きです。

20:00-20:30 2nd Set
Destroyer / Blue Eyes
Dent May / Fun
Part Time / Visions Of The Future
Dominant Legs / Already Know That It's Nice
The Proper Ornaments / Who Thought
Heavenly Beat / Faithless
The Embassy / Information
Mates Of State / Palomino
Sunny Day Sets Fire / Wilderness

久しぶりにSunny Day Sets Fireをかけました。



B2B
Colleen Green / Y Do U Call Me?
Punks On Mars / She's A Glitterpunk
---
Ghost Outfit / Tuesday
Weekend / Hazel
---
James Yuill / No Pins Allowed


Ghost Outfitはデカい音で聴くとカッコいいなあやっぱり。



さて、次回のYoung Fidelityは3月24日(土)のいつもの時間です。最終週(31日)ではないのでお間違いないよう!
よろしくお願いします!

2012/01/29

Young Fidelity #014 Tracklist

Young Fidelityに来てくださった皆様。そして、来てなくてもこのBlogを見てくださってる皆様有難うございます、ツバサです。
2012年一発目のセットリストを上げてみようと思います。

set1 (Post Dubstep中心)



Nautiluss X Lord Skywave / Blue Monday (0:00-)
XI / Squeeze (2:53-)
Roman Flügel / Rude Awakening (6:06-)
Martyn / Masks (9:50-)
Totally Enormous Extinct Dinosaurs / Dream On (13:45-)
The 2 Bears / Work (17:03-)
Djedjotronic / Tetris (20:50-)
Duffstep / Free (Eliphino Remix) (24:28-)

set2 (Folk中心)

Django Django / Waveforms
Diagrams / Black Light
Dando Shaft / Waves Upon the Ether
Erland and the Carnival / My Name Is Carnival
Found / Machine Age Dancing
Beirut / Santa Fe
Fleet Foxes / Battery Kinzie
Bright Eyes / Take It Easy (Love Nothing)

当日のMixをset1分だけアップしました、お聞き苦しい点がありまくりますがご容赦を…

2012/01/27

Best Disc of 2011

また後程、などと言っておきながら更に遅れること数日。もうさすがにアレなのでひっそりと更新します。

2012/01/23

Best Songs of 2011 ( 10-1 )

さて残り半分、TOP 10です。

Best Songs of 2011 ( 20-11 )

もうかなり今更感がありますが。去年、2011年のBest Trackなどをまとめてみました。リニューアルしてから一発目(それも遅い)なのにまだ2011年のことかよ感がありますが。とりあえずとりあえず。

2012/01/22

Young Fidelity 014

2012年一発目のYoung Fidelity!
開催まで一週間を切りましたのでここらで告知を!

開催は今度の土曜日28日の18時から、場所はいつもの高円寺ONE!
いつものDJ3人と、ゲストDJにClub Heavenのソウマさんという布陣で皆様をお迎えします。

自分が10年ぐらい前にDJを始めたきっかけがClub Heavenだったので、ソウマさんをお呼びしてイベントを出来るのは凄い個人的に楽しみなのです。
東京で一番カッコいいロックDJだと思ってるので、是非遊びに来てください!

---

話は変わって最近の良かった音などをご紹介。
2曲ともサイケデリックな感じです。

Django Django - Default


元The Beta Band, The AliensのJohn Maclean、元Phantom BandのDuncan MarquissがメンバーにいるDjango Djangoの最新シングル。
なんつーかもう好きすぎて説明のしようがありません。
とりあえず聴いて下さい。

Diagrams


元TunngのSam Gendersによる新ユニット。
相変わらず分かってる感じのサウンドスケープが流石です。



改めて、新年一発目のYoung Fidelity、DJする方も凄い楽しみにしてるんで、是非遊びに来てくださいー!

2012/01/21

A Bookshelf Sinks Into The Sand



http://jesseruins.bandcamp.com/

リリースからおよそひと月ほど遅れて、Jesse Ruinsの7インチを購入。
もう少し早く買っておけばよかった。





なんの情報もなければとても日本のユニットだと思えないというちょっとした衝撃と
そういった部分を意識しない先で格好良いと思える楽曲。
かなりお気に入りの一枚になっています。

来月には6曲入りEPもリリースされるそう。
http://theartofagency.wordpress.com/2012/01/18/jesse-ruins-dream-analysis-ep-to-be-released-21st-february-on-captured-tracks/



そうそう去年、彼らのライブを観る機会がありました。
どのような編成で演るのかすごく興味があったのですが
3人編成でシンセ/ベース/ドラムという、かなりシンプルな編成に少し驚きました。
曲を書いているであろうメンバーが、あんなストイックにベースだけを弾くとは。



ライブの編成はいろいろと模索しているようなので
次回観る時にはまた替わっているのでしょうか。
それも含めて、早く次のライブを観たいものです。

http://jesseruins.tumblr.com/